目黒/みなとみらいでのジェネリック家具(デザイナーズ家具)探しならTIMELESS CRAFT

新規会員登録で500Pプレゼント!
Eero Saarinen
クランブルック美術大学で教える父の講座に学び、在学中にチャールズ&レイ・イームズと知り合い、1940年には共にニューヨーク近代美術館開催の「オーガニック家具デザイン」コンペに応募。プライウッドを使った椅子、棚、机を出品し6部門中2部門で優勝した経験を持つ。 1951年に独立して事務所を設立後、ゼネラルモーターズの技術センター、ヴァッサー大学生寮、特に有名なジョン・F ・ケネディ国際空港のTWAターミナルビルなど、流れる様な曲面の表現主義的スタイルの建築で一世を風靡。 建築の中で内装や家具デザインも手がけ、チューリップチェアに代表されるその曲線を用いた未来的なデザインは20世紀中期を代表するものであります。

ウームチェア&オットマン Womb Chair & Ottoman

エーロ・サーリネンの代表作のひとつ。ヤコブセンのエッグチェアの創作に影響を与えた、ミッドセンチュリーを代表する椅子です。
価格(税込) 140,000~168,000 円 詳細はこちら >>

ウームチェア Womb Chair

エーロ・サーリネンの代表作のひとつ。ヤコブセンのエッグチェアの創作に影響を与えた、ミッドセンチュリーを代表する椅子です。
価格(税込) 98,000 円 詳細はこちら >>

オーガニックチェア Organic Chair

ミッドセンチュリーを代表する巨匠のコラボレーション。
MoMAが活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つ。「オーガニックチェア」
価格(税込) 24,800 円 詳細はこちら >>